VE-バリューエンジニアリング

土木・建設業の資格一覧

VE(バリューエンジニアリング)の資格には、VEリーダー(VEL)・VEスペシャリスト(VES)・CVS(Certified Value Specialist)の3種類がありあります。

VEの受験資格・申込書(願書)・難易度・合格率・過去問・テキストについて紹介します。

VE資格試験を受験される方は、受検資格・実務経験要件のほか、試験の実施および解答・合格発表の詳細について、ご確認下さい。

VEリーダー・VEスペシャリスト・CVSとは

VEリーダー・VEスペシャリスト・CVSとは、VEに関する正しい知識や経験、技術をもったVE資格試験に合格した人材になります。資格は民間資格です。(下記参照)

■VEとは
VE(Value Engineering)とは、製品やサービスの「価値」を、それが果たすべき「機能」とそのためにかける「コスト」との関係で把握し、 システム化された手順によって「価値」の向上をはかる手法です。

VEは、1947年米国GE社のL.D.マイルズ氏によって開発され、1960年頃わが国に導入されました。 当初は製造メーカーの資材部門に導入され、そのコスト低減の成果の大きさが注目されました。その後、企画、開発、設計、製造、物流、事務、サービスなどへと適用範囲が広がるとともに、あらゆる業種で活用されるようになり、顧客満足の高い、価値ある新製品の開発、既存製品の改善、業務の改善、さらに小集団活動にも導入され、企業体質の強化と収益力の増強に役立っています。

引用:VEとは

企業が顧客に価値ある製品やサービスを提供し、適正な利益の確保を継続するために、VE活動は、経営トップの明確な方針のもとに全従業員の知識と知恵を結集した全社的展開へと拡大される傾向にあります。その適用分野は、従来のハード領域にとどまらず、事務、サービス、組織などのソフトの領域にも広がっています。こうした活動を企業内で効率よく推進するためには、VEに関する正しい知識や経験、技術をもった人材が必要です。

引用:VEの資格

VE資格試験について

VEリーダー・VEスペシャリスト・CVSを称するためのVE資格試験は、日本バリュー・エンジニアリング協会が実施しています。

まぎらわしい名称を用いた講習等の勧誘にご注意ください

次にVEリーダーについて紹介します。

VEリーダーについて

VEリーダーの資格は、職場やグループでの活動において、VE活動のリーダーを務めるために必要な基礎知識をもっている人材であることを日本VE協会が認定するものです。

VEリーダーの願書・難易度・合格率等

VEリーダーの願書受付・難易度・合格率等は次のようになっています。

・願書受付/試験:随時※VEリーダー認定試験は、CBT(Computer-based Testing=コンピューターによる試験)方式を採用しています。 各都道府県に1つ以上ある会場から、試験期間中いつでも受験することができます。
・難易度-合格率:80%程度(非公開・合格発表時に確認)

※VEリーダー資格試験の実施案内(受験資格・申込書等)は、“VEの資格・VEリーダー(VEL)”をお読みください。

VEリーダーの過去問・解答・合格発表等

VEリーダーの合格を目指すなら、過去問やテキストが欠かせません。現在の最新版は下記より確認してください。

合格を目指す方はこちら→過去問-テキストⅠ過去問-テキストⅡVE講座等

※VEリーダー資格試験の解答・合格発表は、“VEの資格・VEリーダー(VEL)”をお読みください。

VEスペシャリスト(VES)とCVS(Certified Value Specialist)について

VEスペシャリスト(VES)は、企業、団体等の組織でVE活動の実施、推進の任に就く責任者、担当者が、VE専門家として備えるべき諸知識や技術、経験を持っている人材であることを日本VE協会が認定するものです。

CVS(Certified Value Specialist)は、米国VE協会との提携により、CVS認定試験の代行を行っています。CVS認定試験は、米国VE協会と同等の認定基準にもとづき、申請者のもっているVE知識、実務経験、応用能力を総合的に審査するもので、合格して米国VE協会で正式に認定されると、日米双方のVE協会にCVSとして登録されます。

VEスペシャリスト(VES)とCVS(Certified Value Specialist)の試験等

VEスペシャリスト(VES)とCVS(Certified Value Specialist)の試験等は次のようになっています。

VEスペシャリスト(VES)
CVS(Certified Value Specialist)

※VEスペシャリスト(VES)とCVS(Certified Value Specialist)の試験の実施案内(受験資格・申込書等)・解答・合格発表は、上記をお読みください。