土地家屋調査士

土木・建設業の資格一覧

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)試験は、不動産の表示に関する登記について必要な土地や家屋に関する調査・測量・申請手続などの業務に必要とされる基礎知識を検定するものです。

土地家屋調査士試験の受験資格・申込書(願書)・難易度・合格率・過去問・テキストについて紹介します。

土地家屋調査士試験を受験される方は、受検資格・実務経験要件のほか、試験の実施および解答・合格発表について、ご確認下さい。

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士は、他人の依頼を受けて、不動産の表示に関する登記について必要な土地や家屋に関する調査・測量・申請手続などの業務を行います。(下記参照)

■土地家屋調査士とは
1.不動産の表示に関する登記につき必要な土地又は家屋に関する調査及び測量をすること。
2.不動産の表示に関する登記の申請手続について代理すること。
3.不動産の表示に関する登記に関する審査請求の手続について代理すること。
4.筆界特定の手続について代理すること。
5.土地の筆界が明らかでないことを原因とする民事に関する紛争に係る民間紛争解決手続について代理すること。
※1.~5. の事務に関して、相談に応じること等も、業務に含まれます。
引用:日本土地家屋調査士会連合会:土地家屋調査士とは

土地家屋調査士試験について

土地家屋調査士試験は、法務省が実施しています。

まぎらわしい名称を用いた講習等の勧誘にご注意ください

土地家屋調査士試験の願書・難易度・合格率等

土地家屋調査士試験の願書受付・難易度・合格率等は次のようになっています。

・願書受付:6月※要確認
・試験:筆記8月・口述11月※要確認
・難易度-合格率:8%程度(合格発表時に確認)

※土地家屋調査士試験の実施案内(受験資格・申込書等)は、“土地家屋調査士試験”をお読みください。

土地家屋調査士試験の過去問・解答・合格発表等

土地家屋調査士試験の合格を目指すなら、過去問やテキストが欠かせません。現在の最新版は下記より確認してください。

合格を目指す方はこちら→過去問-テキストⅠ過去問-テキストⅡ

※土地家屋調査士試験のの解答・合格発表は、“土地家屋調査士試験”をお読みください。