建設業経理士・建設業経理事務士

土木・建設業の資格一覧

建設業経理士・建設業経理事務士(けんせつぎょうけいりし・けんせつぎょうけいりじむし)試験は、1級・2級を建設業経理士、3級、4級を建設業経理事務士として級別に検定するものです。

建設業経理検定試験に合格すると級別の称号が付与されます。

建設業経理検定試験の受験資格・申込書(願書)・難易度・合格率・過去問・テキストについて紹介します。

建設業経理検定試験を受験される方は、受検資格・実務経験要件のほか、試験の実施および解答・合格発表について、ご確認下さい。

建設業経理士・建設業経理事務士とは

建設業経理士・建設業経理事務士は、経理処理の適正を確認し書類を提出する職務に携わります。(下記参照)

■建設業経理士資格の紹介●制度の変更について
平成18年4月の法令改正により、建設業法施行規則第18条の3に規定する登録経理試験が創設されました。
当基金は、登録経理試験の実施機関として国土交通省への登録申請を行うにあたり、従来実施していた1・2級建設業経理事務士検定試験を発展的に解消し、登録経理試験(1級・2級)を実施することとしており、平成18年6月に登録証の交付がなされました。
これにより当基金では、平成18年度より「建設業経理士検定試験(1級・2級)」を実施することとなりました。合格者の称号については、「1級建設業経理士」「2級建設業経理士」となります。
なお、3級と4級は、従来通り「建設業経理事務士検定試験」として実施します。合格者の称号については、「3級建設業経理事務士」「4級建設業経理事務士」となります。

級 別
内   容
程   度
1 級
建設業原価計算、財務諸表論及び財務分析
上級の建設業簿記、建設業原価計算及び会計学を修得し、会社法その他会計に関する法規を理解しており、建設業の財務諸表の作成及びそれに基づく経営分析が行えること。
2 級
建設業の簿記・原価計算及び会社会計
実践的な建設業簿記、基礎的な建設業原価計算を修得し、決算等に関する実務を行えること。
3 級
建設業の簿記・原価計算
基礎的な建設業簿記の原理及び記帳並びに初歩的な建設業原価計算を理解しており、決算等に関する初歩的な実務を行えること。
4 級
簿記のしくみ
初歩的な建設業簿記を理解していること。

引用:建設業経理検定のご案内

建設業経理検定試験について

建設業経理検定試験は、建設業振興基金が実施しています。

まぎらわしい名称を用いた講習等の勧誘にご注意ください

建設業経理検定試験の願書・難易度・合格率等

建設業経理検定試験の願書受付・難易度・合格率等は次のようになっています。

・願書受付:5、11月※要確認
・試験:9、3月(年2回)※要確認
・難易度-合格率:1級30%程度・2級40%程度・3級60%程度・4級80%程度(合格発表時に確認)

※建設業経理検定試験の実施案内(受験資格・申込書等)は、“建設業経理検定のご案内”をお読みください。

建設業経理検定試験の過去問・解答・合格発表等

建設業経理検定試験の合格を目指すなら、過去問やテキストが欠かせません。現在の最新版は下記より確認してください。

合格を目指す方はこちら→過去問-テキストⅠ過去問-テキストⅡ

※建設業経理検定試験の解答・合格発表は、“建設業経理検定のご案内”をお読みください。