夢を見れない人が人をダメにする…会社勤めの夢を忘れた大人たち

建設業ブログ

大成建設が『地図に残る仕事』のキャッチコピーでアニメCMを放送しています。

このCMをみて建設業が、夢の仕事と思い入ってくる人もいるのではないでしょうか。

しかし、現実を知ってほしい…

建設業と言っても本当に様々で、あなたの夢がかなわないこともあります。

その理由は、人をダメにする人が、どこの会社にも必ずと言っていいほどいるからです。

夢とは何か?

夢には、寝ている時に見る夢と希望や想像している自分の未来イメージなどの夢のふたつありますが、ここで言う夢とは後者のほうになります。

もう少し詳しく書くと、自分の生きていくための価値観と言えば『夢とは何か?』の答えになると思います。

みなさんは、それぞれにどのような希望や想像している自分の未来イメージなどを持っていますか?

また仕事に就くことで、見れる夢とはどのようなものでしょうか?

夢を叶えるには

○○になりたい!、○○をしたい!といった漠然とした希望や想像している自分の未来イメージを持っていると思います。

夢をかなえるためには、具体的に○○になる(○○をする)ために必要な資格や経歴など、必須の条件や要件を引き出していかなくては、実現することは難しいです。

夢を見たければ、まず漠然とした希望や想像している未来イメージから、必須の条件や要件を引き出し、ひとつひとつ順序立てて挑戦し実現していくことです。

その先に、あなたの描いた夢が待っています。

夢が持つ力

夢を持つ人は、やる気や欲があります。自分の越えなければならない壁や手に入れたいものを知っているので、越えながら手に入れながら力をつけていきます。

力をつけるのは、単にスキルアップしているのとはまったく違います。おそらく研修などで知識がつくとスキルアップした気持ちになってしまうのだろうと思いますが、夢は失敗という大きな経験をくれるので、知識と実戦経験が身についていきます。

その結果、人材としても成長していきますし、能力も上がっていくので、会社の器が小さければ(給与が安い・人間関係が悪い・待遇に不満があるなど…)自分の夢が叶う場所じゃないと察知し、辞める人もでてきます。

夢は、今のあなたを後押しする力となるものです。やる気や欲が出ないときは、もう一度自分の夢を具体的にしてみてください。あなたの目標がみえてくると思います。

人をダメにする人

夢について書いてきましたが、ここから夢を邪魔されないように注意してほしいことを書いていきます。

夢を見る人は、自然と応援したくなるものですが、中には他人の夢を快く思わない人もいます。

そのような人に出会うと、馬鹿にされたり、否定されたり…夢を見ることがだんだと出来なくなっていきます。これが人をダメにする人です。

もうすでに周知のことですが、会社は人の集まりであり、大事なのは『人』です。下記を読んで下さい。

海外展開をするにも、新しいビジネスを掘り起こすにも、人材が必要不可欠です。昔から、多くの経営者が「最後は人だ」と言っていますが、今、本当にその通りだなと実感しています。
→ 株価41円 その日、JINSに刺さった柳井正氏の一言

会社に入ると、このように大事なのは『人』ということがわからない、人をダメにする人がいることに気付きます。

夢を壊す人のいる会社

夢を叶えるためには困難がつきものですし、乗り越えるための努力も必要です。そのため、苦労することもあります。

このような困難や努力、苦労などは、出来ることなら避けたいと思うものです。人間の弱い心に付け込むために、人をダメにする人は馬鹿にしたり、否定したりしてきます。

取り込まれてしまうと、今のままでも会社から給与はもらえるし、言われたことだけをしとけばいい…と、なってしまい、自分の夢は壊れることになります。

夢を叶えたければ、出来るだけ近い夢や目標などを持つ人や他社の人とも交流するようにしましょう。自分の夢を叶えるための知恵がもらえます。

人をダメにする人に近寄れば、無駄な仕事を与えられ、やる気も奪われ、あなたも夢を壊す人になり、次第に人をダメにする人になっていきます。

クラッシャー上司に要注意!

最も危険なのが、ブラック企業問題で話題になっているクラッシャー上司です。

クラッシャー上司は人格が未熟なので、周りが悲惨な状態に追い込まれていきます。参考に下記をお読みください。

→ 部下を潰したり、奴隷化するクラッシャー(ブラック)上司はどこにでもいて嫌われる!?
→ 激しい言動で部下を潰す「クラッシャー上司」から自らを守るすべはあるのか?

このような上司が誕生するのは、ブラック企業だからという理由もあると思いますが、会社が人の集まりであることを考えると、クラッシャー上司がいるからブラック企業になっていくとも考えられます。

また、人事部の責任(人を見る目がない・評価能力がない)ことも関係していると思いますし、年功序列の組織制度(能力がなくても昇格する)にも問題があるのではないでしょうか。

かと言って、対策ができるのはクラッシャー上司にあたってしまった本人だけですので、十分に注意して下さい。

周囲に相談しても解決せずに自分がダメと思った時は転職も視野に入れ、鬱などの精神的な病気だけは回避するようにして下さい。対策として下記もあわせてお読みください。

→ モラハラ、セクハラ、パワハラ…職場で起きるハラスメントの相談場所と対策

そのままにしていると、夢だけでなく、人生もろとも破壊されるかもしれません。

欲ない、夢ない、やる気ない人が急増中!?

最近、欲がない、夢がない、やる気がない人が増えているという話を耳しますが、夢を壊す人(人をダメにする人)が増えただけと思います。

ネットにも下記のような記事があったので読んでみて下さい。

→ 「欲ない、夢ない、やる気ない」……現代日本の最大の危機はこの「3Y」にある

このような現象(欲ない、夢ない、やる気ない人が増えるの)は、ジェネレーションギャップの延長線上にある行動ではないかと思います。

なぜ夢がみれなくなってしまったのか

昔は国の言う通りにしておけば安泰と考える人たちがいて、信じて働き続けた結果どうなるか分かっていませんでした。もしかすると昔は働く中での苦労を、定年後は幸せに暮らしたいという夢で乗り越えてきた人たちがいたかも知れません。

情報網(インターネット)の普及もありますが、現在ほど情報があふれておらず、昔の人は情報が少なく社会が現在のようになることがわからなかったのだと思います。

そのため、情報によるジェネレーションギャップが生じてしまい、昔の人と現代の人の価値観が変わってしまったのではないでしょうか。

今では、インターネットで検索すれば、下記のように『国の言う通りにしておけば安泰と考える人たち』の結末がわかります。

高齢者の貧困が問題になっている。内閣府調査の<世帯の高齢期への経済的備え>で、60~64歳で貯蓄が「十分だと思う」と答えた人は3.6%。「かなり足りないと思う」と答えた人はその10倍、35.5%だった。実際に生活保護を受給する高齢者は増加中で、今年3月時点で65歳以上の78万6634世帯(受給世帯の約48%)が生活保護を受けている。
→ 高齢者の9割が貧困化 「下流老人」に陥る5つのパターン

昔の人たちが、このような結末をはじめから知っていれば、欲ない、夢ない、やる気ない状態に陥ってしまい、現代に増えている人と変わらなかったのではないでしょうか。

夢が見れなくなってしまった原因は、政策をおこなった政治家や官僚(公務員)と、それを信じ過ぎた(監視を怠り野放しにした)国民のせいかも知れません。つまり、私たちひとりひとりのせいです。

それでも明日はやってくる

夢がみれなくなってしまった原因がわかりましたが、今すぐに国を変えることはできません。歯がゆいかも知れませんが、それでも明日はやってきます。

今、変えられるのは、自分自身だけです。私たち個人に出来ることは、自分が変わることで、目の前にある世界を変えられるだけです。

自分を変えるには、明日に向かって生きるための夢が必要です。

欲しいもの、やりたいこと、なりたいもの…何でもいいので、自分の原動力となる夢を描きましょう。

人をダメにする人を退けながら、自分の夢に向かって進んで下さい。多くの人と交流して、多くのことを見て、聞いて、実感してください…自分が変わっていくことに気付き、目の前の世界も変わっていると思います。

そして、自分の幸せは、国や他人から与えられるものではなく、夢を叶えていく自分の世界から見つけるものとわかるはずです。

まとめ

夢を見れない人が人をダメにする…会社勤めの夢を忘れた大人たち(人をダメにする人)について書いてきました。また、やる気も欲も夢から生じるものでした。

結局、自分の夢に向かって頑張り続けた方が、いい結果を生むと思います。選択するのは困難な道ばかりになりますが、失敗をしても挫けずに成功させれば、失敗は成功への過程であることに気付きます。

人をダメにする人は、そのことに気付かず、失敗を恐れているだけの臆病ものです。他人の失敗を嘲笑い貶すことや他人の成功を貪ることに快楽を見出している人格が未熟な人間です。

そう考えれば、人をダメにする人たちを無視すればいいことがわかります。それで会社の雰囲気が悪くなっても気にせずに夢を叶えるために進みましょう。会社には、あなたの素晴らしさを知っている人もいます。

普段から、出来るだけ近い夢や目標などを持つ人や他社の人とも交流しておけば、あなたの夢を叶える会社が、ひとつだけではないことがわかります。

その夢が叶うことによって周囲の人たちも幸せに出来れば、もっと素晴らしい人生が訪れると思います。

この記事が、夢を見る人、見れない人の役にたてば幸いです。